BMW R18に乗って驚く! よくぞこんな乗りにくいバイクを作ったもんだ! でも超カッコイイ!

輸入バイクの試乗会に行ってみた。いやいや個性爆発です! 下のBMW R18、こんな乗りにくいバイクをよくぞ作ったモンだと感心しきり! なんたって1800ccの水平対向2気筒! BMWのフラットツイン、500cc時代からエンジン掛けるやジャイロの回転数を変えた時と同じ現象のため右にグラっと揺れる。1250ccだとけっこう激しい。そいつが1800ccだと「うおっ」っとなります。

R18

車重358kg! スバル360と大差なし。どんなバイクでも割と器用に乗れると思っていた私ながら、走り始めの5分くらいは苦戦! 10分後はまぁまぁ乗れるようになったが、どんな人が買うんだろうと思う。ただ実車を見ると死ぬほどカッコよく、こいつに乗っている人を見たら「タイしたヤツだな!」とリスペクトしたくなる。お金持ちなら飾りモノにしてもいいほど。

ファットボーイ

1868ccの2気筒を317kgの車体に搭載するハーレーのファットボーイは同じようなクルーザー(アメリカの道を走るのに向く)なのだけれどR18と鮮やかに個性が違う。基本的に高速道路をゆったり流すような乗り方を持って「いいね!」のバイクながら、R18と同じく乗り慣れればタイトなワインディングロードも苦にしない。ただ乗ること自体、スポーツだと思う。

タイガースポーツ660

最近人気のトライアンフで最も小さい『タイガースポーツ660』は走り出して10mで乗りこなせる感じがするほど素直! このカテゴリーは低回転でギクシャクしがちな2気筒主流のなか、アイドリングから少し上の回転数でも粘る3気筒を搭載している。街中での取り回しも良好! 久し振りに乗るバイクとして人気らしい。価格も112万5000円と手頃。

動画を作ってみたの御覧下さい

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ