CAFE対策のため欧州で販売するマツダ2ハイブリッド、まんまヤリスです。最初から厳しいかと

マツダは欧州CAFE戦略をしくじったため、極めて厳しい立場になってしまっていることを以前も紹介した。スカイアクティブXが出た時、厳しいんじゃないかと聞いたのだけれど、皆さん「全く問題ない!」と言い張った。もっといえば5年くらい前からアカンでしょ、と言い続けている。人見さんに「10%でいいから電動化技術に人員を使ったらい」とまで言った。

スズキはRAV4 PHVとアクロスの顔を大きく変えた

全て完全否定です。そして今でもブラックサタンはそう思っているようだ。100歩譲ってアメリカのトヨタとの合弁工場で作るCX-50についちゃ十分戦えると思う。マツダらしいっすから。されど欧州で販売されるマツダ2を見て腰が砕けてしまった! エンブレムを除き寸部も変わらずヤリスです。ここまで手を抜くとは想像もしておらず。マツダ2を買う理由、ありまへんがな。

欧州でヤリスが激売れしているの、WRCで大暴れしているからだ。マツダブランドにはそういったプラス価値無し! デザインでマツダらしさなどあればファンも付いてくるけれど、どう見たってヤリスである。古今東西、バッジだけ違うクルマが本家より売れたこと無し。ヤリスが供給不足でマツダ2は買えるなら売れるかもしれません。その場合、私ならエンブレム変えます。

こうなると「失敗すると解っていてなぜここまで同じにしたのだろうか?」と思う。マツダからすれば売れる台数が期待できないためバンパーなど型代のコストを抑えた? それともトヨタの方で差別化することに難色を示した? ここにきてトヨタの上層部はマツダがトヨタ好きじゃ無いことをハッキリ認識している。スバルのように円満な関係じゃない気がしてならないです。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ