DAX125、実車を見たら思わず欲しくなる! 逆を考えると当時のデザイナーに勝ててない?

東京モーターサイクルショーに展示されていたDAX125がけっこうな人気だった。若い人も高い評価だったので、普遍的な好みのデザインなんだと思う。当時のデザイナーに今のデザイナーは勝ててないってことです。されど私の年代からすれば懐かしいったらない! 当然ながら当時のDAXより圧倒的に品質高い。44万円しますが。ヤマハもミニトレとか出したら売れたりして。

DAX125の前にモンキー125を発売した。写真をクリックして頂ければ解る通り前後ディスク。フロントなん2ポッドの対向ピストン。ABSまで付く。乗れば当時のモンキーなど全くお話にならないほどしっかり走ります。でも44万円と聞いたら、少しばかり引く。計画台数が少ないため納期掛かるようだけれど、若い人が気軽に買えるような価格とはいえないだろう。

同じサイズのバイクをベネリが出している。『TNT125』というモデルで35万900円。中国製だ。休眠していたブランドのリバイバルは全てインドか中国かタイの企業。自国の工場で作ってます。デザイン的に新しく、最近のバイク風。魅力的ながら、どうやら6000回転以下のトルクがスカスカらしい。DAXやモンキーの125、低い回転域からすんごくトルクある。

低回転域スカスカと聞いただけでエンジンの実力が推定できる。街中で乗ったら疲れます。私が9万9800円で買ったベトナムカブは110cc。直近だと12万5千円ですね。低回転域からトルクあり2人乗りしても元気よく走る。街中だと50km/hくらいまでしか出さないため、ABS無くても気にならない(雨の日は乗らない)。タイヤ太くしたら驚くほど安定感増した。

気軽に買える価格って125ccなら20万円切りだと思う。250ccクラスなら40万円くらいまでだろうか。GOOバイクで条件入れると、見たことも聞いたことも無い海外生産の日本車が出てくる。バイクの免許を持っているなら、自然災害の時の保険だと思って1台持っておくと心強い。近所の買い物に使うのも便利だし。久し振りにバイク乗ったら相当楽しいと思いますよ!

私はトリシティ300が気に入り乗ってる。タイヤ冷えてるときでも安心して寝かして行けるのはバイク乗りからすればカルチャーショックに近い。新車価格95万7千円ながら大量在庫を抱えた不人気車らしく80万円切りで新車が買える。内容見たらDAX125の44万円より圧倒的な割安感だ。これで500ccくらいあってクルーズコントロール付いてたら長距離もイケそう。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ