クラウンだけでなくシーマやフーガ、もしかしたらスカイラインも今年の夏で絶版に! 

公式な発表こそしていないものの、トヨタ「クラウン」や日産「シーマ」「フーガ」、もしかすると「スカイライン」を含めて日本の伝統的な4ドアセダンはすべて絶版になる可能性が大きくなってきました。それはなぜかというと、既存車にも2022年9月から適用義務になる騒音規制「フェーズ2」をクリアできないため。

この規制をクリアしようとすれば、排気管から出る音だけでなく、エンジンの遮音まで必要となります。車両から出てくる騒音の引き下げは少なからぬ対応を必要とします。加速時の騒音などはエンジン本体や排気系の騒音対策までしなければならず、対応しようと思えば可能ですが、開発コストを掛けでも売れなければ意味がありません。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ