スバル、高性能エンジン搭載車を続々復活へ!

自動車メーカーにとって「目立つ」ということは重要。普通のクルマばかり作っていたら価格勝負になり、収益率も悪くなってしまう。例えばシャネルやエルメスのバックは原価からすれば相当の収益率だと思う。日本のメーカーが同じような素材を使い、同じような機能&デザインのカバンを作っても、10分の1以下の価格しか付けられません。

当然ながら自動車メーカーだってブランドイメージの重要性をわかっている。ただアプローチは違う。マツダを見ると動力性能についちゃ無視。デザインと完成度の高さでブランドイメージを作ろうとしているし、日産を見ると欧州の自動車メーカーのように電動化技術に代表される「環境対応車」で推している感じ。さて、ここにきてスバルが動き始めた。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ