トヨタと日本製鉄の訴訟問題、出来レースかと思いきや厳しい展開になってきた

10月14日に日本製鉄がモーターなどに使う「無方向性電磁鋼板」の特許侵害でトヨタを訴えた、とニュースになったのを御存知だと思う。この件、お互いに了承済みの話かと考えていた。というのも日本製鉄は中国で有効な特許を持っていない。今回「特許侵害とした」訴えたいのは中国の「宝山鋼鉄」という企業であり、日本製鉄からすると宝山鋼鉄を直接訴えることが出来ないのだった。

トヨタを訴えることにより特許侵害している宝山鋼鉄の無方向性電磁鋼板を使えないようにしようという狙いかと思った次第。だとしたら当然の如くトヨタと入念な打ち合わせの上、宝山鋼鉄から賠償か特許使用料を取る動きにならなければならない。とことが、である。昨日のこと、トヨタの長田執行役員が「TOPに一言あってもいいのではないか」と不快感を示したという。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ