トヨタの時価総額が歴代日本企業最高の40兆円を突破! なぜ好調? 

経済メディアは1月18日にトヨタの時価総額(企業の価値として使われる指標。株価×発行株数)が日本の企業で初めて40兆円を超えたと伝えている。参考までに書いておくと、2位はソニーの18兆8千億円。3位がキーエンスという半導体メーカーになり15兆4千億円。4位NTTドコモ12兆5千円と続く。自動車業界での2位といえばホンダで6兆4千億円だからトヨタの強さが目立つ。

そんなトヨタながら、1年前の2月1日時点での時価総額は23兆6千億円。2020年3月を調べてみたら20兆円を下回っていた。ソニーやキーエンス、NTTドコモの株価も上がっているけれど、トヨタの上昇率は明らかに高い。なぜトヨタの株価が上がっているのか? 株価グラフを見ると、2021年5月にググッと上昇。そして2021年末に2段階ロケットのように上がってます。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ