トヨタ過去最高益。日産黒字化という中、スバル2021年度決算で最も厳しい決算に。なぜ?

2022年3月期の自動車メーカー各社決算で、最も厳しい数字に直面したスバル。その販売台数は計画していた86万台に及ばない73万4000台、85.3%の台数にとどまった。来年3月までの今期見通しでは20万6000台増となる94万台と発表しているが、追い打ちをかけるように今年4月に1.8Lターボエンジンのリコール問題で国内主要3車種の生産停止が発表されている。

メインの北米市場を含め、国内ではボリュームゾーンとなるCセグカテゴリーのインプレッサ&XVもモデル末期を迎えて販売面で厳しい状況のスバル。果たしてスバルの基幹技術と将来性は大丈夫なのか? 国沢光宏氏が分析する。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ