パリダカで有名な寺田さんが詳しい記事を書いてくれました~

フランスで5月26日、トヨタのFCEV、MIRAI(ミライ)の燃料電池技術を応用した定置型水素発電機から得た電力によって、エッフェル塔をグリーンに照らし出すニュースを見ました。そして同日スタートした1回の水素充填でMIRAIがどれだけ走れるかというチャレンジで、見事1003kmの世界記録を樹立。5月14日に、ヒュンダイがオーストラリアでFCEV、NEXO(ネッソ)で887.5kmを達成した世界記録を約2週間で塗り替えました。

私は過去、自動車環境評論家の横田紀一郎さん率いるTeamACPの一員として1999年よりトヨタ・プリウスで世界5大陸を旅しながらエココンシャスなヒト、コト、モノに触れる環境体感の旅をし、今までモータースポーツでアクセルを踏む楽しさを堪能していましたが、HEVのプリウスに乗ってアクセルを緩めてエコランする楽しさを知りました。

今回のFCEVのニュースを観て、楽しそうだなと思っていたら、自動車評論家の国沢光宏さんが6月3日にSNSで「フランスの1003kmの記録を抜きたいので、一緒に走る有志募集」の告知をされ、おもしろそうとすぐにDMを送り仲間に入れてもらいました。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ