マツダ車種ラインナップ大幅な見直しへ。利益率が低い『マツダ2』は絶版か?

マツダが怒濤のSUV攻勢を打ち出した。なんとCXシリーズとして50から90まで5車種を2022年からリリースするという。内容的には「凄いね!」なのだけれど、3つほど「どうなるんだろう?」という点がある。今までに存在しないCX-70と、ロータリーエンジンを使うPHV、そしてコンパクトカーを含む乗用車の商品群だ。

まずCX-70から。CX-50はカローラクロスのマツダバージョンだとわかっている。CX-60についていえば、99%の確率でBMW X3を強く意識したクラスの後輪駆動車だ。そしてCX-80がCX-8のようなCX-60ベースのロングボディ&3列シート車。CX-90も現在のCX-9の実質な後継モデルで間違いなし。気になるのがCX-70です。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ