全日本ラリー、2つの新兵器投入でテールエンダー脱出!

モータージャーナリストの国沢光宏がドライバーを務めるCAST RACINGのハイエースが、全日本ラリー2度目となる第5戦のRALLY 丹後2021に参戦。しかし車検不合格で出走ならずだった。そこから気を取り直して臨んだのが第6戦MONTRE2021。その参戦レポートを国沢本人が執筆。2つの「新兵器」で戦闘力UPしたハイエースは、ついにJN-6の最後尾をとらえるまでに進化した!

全日本ラリーに参戦しているハイエース、戦績は少しずつしか向上していないものの、悪い意味なのか良い方向か不明ながら、予想以上の話題となっているようだ。新型コロナ禍のためサービスパークやスペシャルステージ(以下SS)は無観客で開催されている全日本ラリー。しかしながら、リエゾンと呼ばれるタイムを競わない移動区間では、沿道から応援してくれる人がいる。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ