日産と三菱自動車の電気軽自動車、補助金使えば130万円という地域も! こら売れるでしょ

日産と三菱は、突如「電気軽自動車を2022年度初頭に発売する」と発表した。より正確にいうと2022年4月からの2、3か月間という意味なんだと思う。少しばかり先の話ながら、本来なら2021秋開催予定だった東京モーターショーで発表する計画だったのかもしれません。興味深いのが「20kWh」という電池容量と「今年並みの補助金が出るなら実質的な購入価格は200万円くらい」という点にある。掘り込んで考察してみたい。

20kWhという電池容量だけれど、三菱が発売した世界初の量産電気自動車である「i-MiEV」は16kWh、日産初代「リーフ」は24kWhなので、ちょうど真ん中の搭載量ということになります。気になる航続距離といえば、16kWhのi-MiEVがJC08モードで180km。その後の技術進化などを含めて考えると、日産・三菱の新型軽EVはJC08より少し厳しいWLTCモードで200km近い数字になる可能性があります。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ