注・リンク貼り直しました。日本のテスラになる! という若手は将棋名人を破ったAI開発者です(前編)

今、日本国内でにわかに注目を浴びつつあるスタートアップがある。プロ棋士の頂点である名人を破った将棋AIの「Ponanza」(ポナンザ)を開発した山本一成代表兼CEO率いる「TURING」だ。同社は2025年をメドに自動運転レベル5を目指しているのだという。

まだ、昨年12月に立ち上がったばかりの同社がターゲットとしているのは、かのイーロン・マスク率いるテスラ。将棋のプログラムで頂点に立った山本氏がクルマの世界に身を投じ、自動運転にチャレンジする理由とは何か? 長年、自動運転の取材を続けている国沢光宏氏が独自の視点で直撃した!

国沢光宏(以下、国沢)/山本さんがそもそも自動運転のクルマをやってみようと思ったきっかけってどういうことだったのでしょうか?

山本一成(以下、山本)/私はそれまでずっと将棋のAIのプログラムをやっており、何とか人間より強くすることができたため、次の大きなチャレンジをしたいと思ってました。そんななか、クルマの自動運転に着目したんです。AI技術者にとって制御が非常に難しい自動運転は面白い課題なんです。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ