緊急地震警報が出たらとりあえずハザード出し緩やかに減速して止まる! それを法規にして欲しい

2021年10月7日の夜に発生した大きな地震で首都高が全面的に通行止めになった。深夜2時に解除されるまで、深夜におこなわれることの多い物流に大きな影響を与えている。首都高の路線が通る地域で観測された震度は5弱と5強。首都高は東日本大地震でけっこうなダメージを受けた際、全面的な補修&耐震補強作業をおこなっている。それでも厳しかったか。

あまり知られていないことながら、2011年3月11日に発生した東日本大地震による首都高のダメージは想定されていた以上に大きかった。なかでも深刻なのがジョイント損傷。最悪、落橋という可能性も出てくる。当時、首都高関係者に聞いたのだけれど、数カ所は「もう少し揺れが続いたり、大きければ落ちていた」というジョイントがあったそうだ。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ