驚いた! 新型コロナ禍に負けずトヨタ増益! 

トヨタが新型コロナ禍のまっただ中となる2020年度(2020年4月から2021年3月)の決算発表をおこなった。利益を見ると2兆2452億円となり、新型コロナ禍と関係無かった2019年度の2兆361億円を上回っており、数字で見る限りトヨタは新型コロナ禍に負けなかったということになります。販売台数を見ると、新型コロナ禍の影響により2019年度の895万5千台から764万6千台に15%落ちている。

内訳を見ると、新型コロナ禍で世界中の経済状況が悪化した2020年4月や5月は対前年比で半分以下になってしまったほど。そこから急速に販売台数を戻したのだから関係者全て努力したのだと思います。実際、新型コロナ禍を受け、多くの自動車メーカーは活動を休止してしまった。トヨタ社長の豊田章男氏は「自動車産業の活気が無くなったら日本の経済も回復しない」というリーダーシップの下、1回目の緊急事態宣言が終了するや、新型コロナ感染対策をしっかりおこなうと同時に新型車を次々出すなど、世界規模で明るく立ち回っています。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ