マツダ、絶対やらないと明言していたダウンサイジングターボエンジンを搭載へ

マツダはスカイアクティブ技術を発表した時点からガソリン過給エンジンを徹底的に否定してきた。なかでも強硬なのがエンジン開発担当のTOPである人見さんである。何度となく「過給エンジンはやらないのか?」と聞いてきたけれど、その度に「効率が悪いので絶対やらない!」と否定し、返す刀で「過給エンジンの自動車税が安いのはおかしい!皆さんそう思わないですか?」。

確かに過給エンジンは可変排気量のようなもの。1500ccエンジンに0.5気圧過給してやれば、実際の排気量は2250cc分である。2500cc以下の自動車税にすべきなのかもしれません。逆に排気量によって決まる自動車税を撤廃し、ガソリン課税を上げれば燃費課税になります−−ということまで人見さんは主張し過給エンジンの否定をしてきた。マツダの過給エンジン搭載は本当に驚きだ。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ