オリンピック関係者の事故多発

東京オンリック関係者の事故がすで70件とも100件とも言われるほど発生しているという。詳細な内容は公表していないものの、幸い大半が物損事故だという。ただ単なる運転ミスでガードレールにぶつかったような事故はカウントされていないと思われるから、それなりの被害が出ているんだと予想できる。ちなみにオリンピックを開催している湾岸地域(特に台場)は交通量少なくガラガラ。

どうやら右側通行国のドライバーもハンドル握っているようだ。例えば自転車のロードレースで競技車の前後を走っているのはすべて外国人のドライバーやライダー。大量のサポートカーも外国人ドライバーである。車両まで持ち込んでいるケースも多い、右側通行国のドライバーが左側通行すると、やはり事故は起こしやすい。このあたりは左側通行国に共通する課題です。

昨日は当て逃げまで発生した。幸い飲酒運転などは報告されていないと聞く。このまま大きな事故がなく開催終了となったらありがたい。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ