ガソリン補助を25円から35円にするという! 3ヶ月経って補助金は全て闇の中です

ガソリン補助金の上限を25円から35円にするという。政府は、というか経産省はナニと戦っているんだろう? 全国平均価格が170円を超えようとしている1月下旬のガソリン本来価格はおそらく74円前後だった。3月8~10日に90円を突破したものの、11日は10円くらい急落。その後、ずっと80円を切る相場で推移している。25円の補助金がキッチリ反映されたら、全国平均価格は150円前後のハズ。

4月25日、コストコは153円です

なのに経産省が発表している25日の全国平均価格は172.8円だという。補助金の支給から3ヶ月経つのに流通価格に反映されていないということになる。その上で補助金を35円にするという。巨額の補助金はどこに行ってしまったのだろう--とは思わない。経産大臣はもりかけ問題で名を馳せた萩生田という人物だからだ。そもそも補助金がすぐ反映されないシステムになぜしたんだろう?

さらに大手メディアはなぜ突っ込まないのか。まぁ国はいくらでもお金を持っていると、国民も恵まれた環境にいる大手メディアの人も考えているんだと思う。新型コロナ禍以後、使っている税金と税収は全くバランス取れていないし、今後も取れるようになるとは考えにくい。どうなっちゃうんだろうか、と心配していても仕方ないので、国に頼って泣くような環境は作らないようにしたい。

何度も書いてきている通り原油相場はロシアのウクライナ侵略を受けても極端に上がっていない。これからクルマを買うのなら燃費のよいハイブリッド車にしておくことでガソリン価格が120円の時から200円になっても燃料コストは変わらないで済む。私はバイトでガソリン代を稼いでいた40年前にリッター3km/L代のRX-7に乗ってました。当時のガソリン、リッター160円ですよ。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ