キャラバン、ディーゼルもマイナーチェンジ! エンジンは三菱自動車製を搭載!

ベストカーWebでキャラバンの記事を書いた直後、ディーゼルもマイナーチェンジしましたね! 驚くべきことにエンジン形式は『4N16』。数字+アルファベット+数字の組み合わせ、三菱自動車式です。あらら、と思って調べてみたら、やはり三菱自動車製でした。しかも新しい。ちなみに『4N15』はタイ工場で作っており、2442ccの181馬力/430Nmとなる。

4N15を搭載したパジェロスポーツ、タイで試乗したことあります。低い回転域から太いトルクを出す良いエンジンでした。キャラバンに搭載されるのは、4N15をベースをした2439cc。タイより厳しい日本の排気ガス規制をクリアするため、尿素SCR触媒を付け132馬力/370Nmとなっている。エンジンはタイ工場製。ガソリンエンジン車と同じ7速ATを組み合わせている。

意外だったのはワイドボディとの組み合わせが選べないこと。キャラバンの場合、スーパーロングボディのワイドがあるのだけれど(バンとマイクロバス)、なぜかディーゼルを搭載してこなかった。1690mmの標準ボディとスーパーロングだけディーゼルが選べるということ。価格は2000ccガソリンのおよそ69万円高。2500ccガソリンと比べ58万円高というイメージ。

ライバルとなるハイエースと比べた時のストロングポイントは、ADAS性能の高さ。最新の乗用車と同じレーダー+モービルアイのカメラを使っており、おそらくクルマの陰から出てきた歩行者や、夜間のブレーキ性能などで優位だと思う。ただボディバリエーションの少なさなどもあり、ハイエースの牙城を崩すところまではいかないような気がします。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ