ステップワゴン、ボディずいぶん長くね?

次期型ノアの情報が流れるやホンダも「負けちゃならん!」とばかり次期型ステップワゴンのティザーを始めた。ほとんど全見せのサイドシルエットです。バランスを考えると現行ステップワゴンのスキンチェンジだと思うけれど、ホイールベースがずいぶん長く見える。同じプラットフォームで二回りくらい大きく見えるようなヴェゼルと同じようなデザイン手法か?

シルエットだけ見たら少し古い感じ

現行モデルとの大きな差はボンネットの傾斜。現行モデル、軽自動車のような傾斜が付いている。新型は最近の流行です。Dピラー形状はヒットした2代目をイメージしたんだと思う。パワーユニットなど詳細は発表されていないものの、このカテゴリーは人気。価格さえ適正だったら売れるだろう。すでに新型ノアの価格が出回っているため、ホンダも考慮するに違いない。

次期型ノアのティザーはフロントだけ。おそらく左がノアで右ヴォクシーだと思う。販売店統合により車種というよりグレードという意味合いになります。どちらもけっこう押し出し効いており、同じくらいの販売比率になるんじゃないかと予想している売れ筋の1800ccハイブリッドで305万円から。2000ccエンジンと38万円ながら、高い分のモトは必ず取れる。

最後まで旧式の自動ブレーキだったノアながら、新型は最新スペックになる。ここにきてトヨタのクルマ作りは急速にレベルアップしているため、ステップワゴンにとっちゃ超手強いライバルになることだろう。それともヴェゼルのように作りきれないほど売れるか? 初代ステップワゴンのように挑戦的な価格設定で勝負したら面白いのに。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ