ホンダが4輪電動ビジネスについて説明会を開く。行方不明といわれた三部さん、元気でしたね!

ホンダが4輪電動ビジネスについての説明会を行った。詳細についての分析を様々な方向から行おうと思う。少なくとも日本市場の評価は「そうだよね~!」と考えた次第。大雑把にまとめると「日本に於いてはしばらく電気自動車普及せず。ということでホンダとちゃ急がない。ただSDGS関連で配送用軽商用車のニーズは出てくるため2024年に軽電気自動車を100万円台で売る」。

三菱が秋に出す商用MiEVはいくらか?

日本市場、電気自動車の普及は大きく遅れると私も思う。ARIYAの1年で6800台という初期受注を見ても、600~650万円のbZ4Xが今年5000台目標という台数を見ても、普及という数字にほど遠い。我が国の政策自体、ホンキで電気自動車を増やそうと考えていない感じ。そもそも日本は燃費の良いハイブリッド車が多く、電気自動車より安価な高性能PHVだってある。

トヨタは「電気自動車出すのが遅い!」と言われているが、bZ4Xの価格やスペック見たら「早すぎたかもしれません」。我が国の主流が電気自動車になるの、最短で5年。考えて欲しい。600万円で電気自動車のSUV買うのなら、400万円の3300cc直列6気筒ディーゼルのSUV買った方が圧倒的に楽しく&リセールバリューも期待出来ます。ホンダの読みは正しい。

ちなみに100万円台の軽商用車はN-VANをベースにするらしく、エンビジョンエースの電池を使うという。エンビジョンエースって日産とNECの合弁会社を中国の企業が居抜きで買った企業。パウチ型のリチウム電池です。間もなく行われるリーフのマイナーチェンジで搭載される次世代電池から価格もググッと安くなるという(当然ながらリーフもアメリカのように大幅に値下げする)。

参考までに書いておくと日産の軽電気自動車サクラは、商用車として使われるスペックで220万円程度のグレードを設定するらしい。昨年の「20万円の補助金を使えば200万円」というアナウンスを商用車仕様で守ればいい、ということのようだ。なのにホンダが2024年に100万円台で軽商用電気自動車を出すと宣言した。再度日産のサクラチームは揺れると思う。

なんで軽商用電気自動車なのかといえば、アマゾンなど世界規模で二酸化炭素の排出量制限をすると公表したためです。配送用の車両は当然ながら電気自動車。そういった企業が増えてくると配送業者は電気自動車を使わなければならない。実需です。商用車をベースとした乗用車も出すとのこと。こいつがサクラとガチ! やはり競争無くして魅力的な商品は育たないと思う。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ