不要不急ならぬ「要&急」の要件あってMIRAIで御殿場へ

9時過ぎに東名道に入ると「要&急」の同士が多くけっこうな交通量です。クルマは新型コロナ感染を考えたら安全な乗り物。電車やバスで移動するよりずっとよい。昨日、MIRAIに水素充填できなかったためXC60で行こうと思ったけれど、出る前に御殿場の水素ステーションに電話したら土曜日なのに営業してるそうな。なるほど! 土日のニーズあるんだろう。

Go2で撮影

渋滞にハマっていたら見慣れぬクルマが。新型ヴェゼルですね~。最近メディア試乗会の前にディーラーで試乗できるのが当たり前になったけれど、普通の人への納車にまで負ける。新型ヴェゼル、Bセグとは思えない存在感です。マツダに似てるという意見もあるけれど、だからどうしたって思う。実際、最上級グレードの納期はすでに来年春らしい。

どうやらホンダは新型ヴェゼルの初期受注の多さを予想していなかったようで、普通のグレードでも年内どうかといったイメージ。もちろん受注が順調であれば増産される可能性もある。加えてクルマの完成度も半年くらいした方が高くなるため、欲しいと思っている人はオーダーしておくことをすすめておく。試乗した野村君によれば「いいクルマでしたよ」。

ということで御殿場の水素ステーションは無事営業中でした。航続可能距離201kmだったが、御殿場までずっと登り坂ということもあり到着したときは80kmになってました。充填中に圧力計を見ていたら(水素は中途半場な量を入れられない。必ず満充填です)、76Mpaくらいで終了してしまった。MIRAI、本来なら82Mpa(809気圧)入ります。

温度などの関係なのだけれど、今までで最も低く終了~。燃料計見たらやっぱり満タンになってない。当然ながら走行可能距離も大幅に減ってしまい、481kmという数字。今まで80Mpa近くまで入り550kmくらい出ていたのに。新型MIRAI、水素がキチンと入るようになるだけで後続可能距離が50kmくらい伸びるんじゃなかろうか。

要件終了し、景色のよい場所通ったのでMIRAIを撮る。とってもよいクルマなのに売れ行きは伸び悩んでいると聞く。トヨタもあまり積極的売ろうとしていないように見える。もったいないです。足りないと言われる水素ステーションも当番制で土日や夜間の営業をするなど、上手に運用する方法はたくさんありそうなのに現状は我が国のワクチン接種と同じです。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ