中古車で買うとけっこう安い2シリーズのPHV(BMW225)の中古車ガイドです(by華音)

新車だと乗り出し価格で600万円近くしたBMW225XEながら、中古車だと2018年式で250万円くらいになってしまう。値落ち率からすれば強烈! BMWが電池やインバーターなど高価なパーツの保険システムを立ち上げたらググッと相場も上がると思う。インポーター、どこが電動化車両を安心して乗れるシステムを構築してくるだろう? 以下、弟子2号の中古車レポートです。

今回は2020年の夏に生産終了しているBMW 225XEを紹介したいと思います。BMWの作ったPHVのミニバンです。いつものディーラーに愛車M2の修理を頼んだところ、代車として貸してくれました。果たしてスポーティモデル好きの私にとって225XEはワクワクするクルマだったでしょうか? 一週間乗ってみてわかったことを素直に試乗レポートをしようと思います!

エクステリアデザイン⭐️⭐️  キドニーグリルはBMWの一員であることを主張はしていますが、ミニバンらしく全体的な車体の大きさに対しては小さめのタイヤで、全体的にぽってりとした印象を受けます! これなら車高を上げてSUVか、ちょっぴりだけ車内スペースを犠牲にしてもハッチバックにした方がいいのでは。

インテリアデザイン⭐️⭐️⭐️  完成度が高く、2色使いのステッチやウッドで高級感もりもりに見えるので「さすがラグジュアリーグレードだ!」と思うのですが、よーく見てみると、ドアパネルの塗装面が窓枠の周辺でむき出しになっているので赤いボディーカラーが見えちゃっていたり、ヘッドアップディスプレイはフロントガラス照射式とは違ってコンバイナー投影タイプなので、黒目を動かして視線を下げる必要があったり。

ちなみにこのヘッドアップディスプレイは設定の「 iDrive」 でオンオフできるのでダッシュボード上に出さなくすることもできます! ボタンひとつでニョキっと出てくる姿がなんとも面白い!(笑) などなど、コストカット感は伺えますが、気楽に乗れるBMWとしてはアリです! とフォローしたいのですが、カップホルダーが細すぎてペットボトルが入らない! 文字通りコップしか入れられない! ドイツのペットボトルはこんなに細かったっけ? とツッコミポイントも高いです。

視認性⭐️⭐️  フロントの視認性は最近乗った車の中で一番悪かったです(笑)。フロントには2本のAピラーと三角の小窓があり、小窓には視覚を失くす工夫が施されているのですが、なんせAピラーがAダッシュピラーと同じ太さで死角を作って見にくい! 場所によっては人がすっぽり入ってしまう太さです。交差点を右折する時、死角に人がいないかを確認するために首を左右に振らないといけないほどAダッシュピラーが太いのは残念です。

パワー⭐️⭐️  136hp/22.4kgmの1.5L直列3気筒ターボエンジンはBMWお得意の3L直列6気筒を半分にしたもの。モーターはリアに配置され、最大出力88hp、最大トルク16.8kgm。エンジンは前輪。モーターは後輪を駆動し、4WDを実現しています。1.5Lターボなのでもう少し出力が欲しいところですが、パワーについてとやかくいう車でもないのでこんなものでしょう。

0~100km/h加速6.7秒、最高速202km/hとなってます。実際にアクセル踏んでみるとモーターのアシストのおかげで出足は電気自動車ライクで面白いです! バッテリーが十分にあるときはモーターが力強いから実用的に感じました。でもバッテリーが少なくなるとアシストの力が弱くなるので、踏み込むとすぐエンジンに切り替わって、昔のプリウスみたいでした。

ハンドリング⭐️⭐️  リアアクスルに搭載されたモーターやリアシートの下に配置された走行用バッテリーのおかげで重心は低く安定感ありますが、1740kgと重い車重に対応するためにバネレートが硬いらしく乗り心地は見た目と裏腹に路面の凹凸を拾います。タイヤサイズが前後205/55R17のため、比較的すぐに一般道でもコーナーでフロントが音を上げる印象です。

実用性⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️  ラゲッジコンパートメントはおよそ400リットルで、後席の背もたれを倒すと、荷室容量は最大で1350リットルになります。最近の新しい車にはついているパワーバックドアが2シリーズにもつき始めたのが嬉しいところ! 買い物に行って荷物で手がいっぱいの時、足をトランク下にめがけて横キックをするとゆっくり開いてくれるので便利です。

燃費⭐️⭐️  燃費に関して、JC08で17.6km/Lとありますが、実際に静岡県の伊豆市から東京まで片道150キロ(往復で約300km)走ってみました。一般道で行った行きの燃費は12km/L。帰りは高速で車内の燃費計で14.4km/Lでした。普通に乗って走ってみた感覚でいうならハイブリッドであることの恩恵を感じにくいです。

総合評価⭐️⭐️  新車に乗る機会が増えているからなのか、今回乗った225XEは特筆して感動する点はありませんでした(ぴええええ 泣) 。BMWが大好きで、どうしてもBMWのミニバンを欲しい人向けだと思いますが、それ以外の方はもっと他にいくらでも魅力的な選択肢があるのではないかとぶっちゃけ思います。その答えが生産終了だと思うと、なんだか納得できちゃいます。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ