何と! 早くもアリアの予約受注が開始となった。とりあえず660万円スタートです!

早くもアリアの受注が始まった! 注目の価格、発表されましたね! 660万円スタートです。日産が「500万円くらいで売りたい」と言っていたのは、国からの補助金80万円(V2Hも同時に購入することが条件)と東京の補助金60万円の140万円を考慮したもの。その他、自動車税の免税分などを考えたら、500万円に限りなく近づくということになります。

660万円が高いか安いかは非常にビミョウだと思う。バッテリー搭載量66kWhで、まぁまぁ十分。極めて実用電費に近い評価を行っている欧州の電気自動車サイトによれば航続距離335km。リーフe+が325kmなので、これだけ走れば困らない。一方、皆さんのオサイフをこじ開けるような破壊力あるかと聞かれたら「そこまではない」と答えるだろう。だからビミョウです。

グレードは4つ。標準容量電池と大容量電池それぞれにFFとツインモーターの4WDが用意される。FFは容量でモーター出力も違うものの、最高速同じ。加速タイムを見ると車重の軽い標準電池の方が速い。ツインモーター使用の大容量電池を選ぶと394馬力になり、0~100km/hは5,1秒。最高速200km/hとけっこう速い! 790万円だから補助金使うと640万円だ。

売れるか売れないか? 現在我が国は電気自動車人気となっていない。むしろ時期尚早感強い。750万円のMIRAIは東京都だと補助金が260万円くらい出て500万円。それでも売れ行きが伸び悩んでしまっている。何か強力な購入動機を考えないと難しい状況だと思う。予約注文がドンと入れば安泰でしょうね。思ったより入らないなら抜本的な売り方をしなくちゃならない。

と思っていたら、どうやら先行受注の『リミテッド』はフル装備らしい。考えてみたら日産が「500万円」といった時点での補助金は40万円だった。つまりベースグレードも存在しており、そちらは40万円の補助金で500万円前後になる? だとしたらインパクト大きい! 最新の補助金を使うとV2Hを一緒に買っても400万円台中盤か? それを先行受注の売りにすればいいと思う。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ