歩行者横断妨害、下の動画を見ると「おとり捜査」にしか思えないです

掲示板にこんな動画が紹介されてた。歩行者横断妨害のキップを取られたとのこと。何度か書いてきた通り道交法において横断歩道で止まるということに触れているのは以下のみ。読んでみて欲しい。「横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない」とある。

停止しなければならない状況は、1)横断歩道を通行している時と、2)横断しようとする歩行者等がある時の2ケース。横断中の歩行者を見たら止まるのは当たり前でしょう。難しいのは2)のケース。小学校のように「手を挙げて」は明らかに横断しようとしている。渡ろうと考え、クルマを見ている時も横断しようとしている。クルマの通過を待って渡ろうと考えているなら判断は難しい。

動画のケースは明らかに2。何度も繰り返し動画見ると、クルマがブレーキを掛けるタイミングを超えた時点から歩行者は動き始めている。もっといえば、歩行者横断妨害でキップ切るならすれ違った軽自動車こそ対象。キップ切られた車両からすれば横断報道を渡りたいのか判断出来ない。歩行者がクルマに道を譲ろうと思っていることだって多々あります。

「歩行者横断妨害」で取り締まられた場合、重要なのは歩行者の意思です。「クルマを先に行かそうと思った」というなら、歩行者横断妨害罪にはならない。その場合、歩行者に真意を聞く必要があります。もし歩行者横断妨害で取り締まられたなら、必ず歩行者の供述を取るよう警官に言うべき。もし歩行者が「危ない!」と感じていたなら、必ず警官にその旨を言うことだろう。

それより疑問なのは「この歩行者、本当に通りがかりの人なの?」という点です。「おとり」の可能性だってあります。そもそも横断歩道と停止を命じられてる地点の距離が長すぎる。停止を命じた警官の態度も「犯罪者を捕まえる」という強い口調じゃない。以前も書いた通り怪しい歩行者横断妨害で止められたなら、必ず妨害された歩行者に意見を聞いて頂きたい。皆さんどう思いますか?

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ