電動キックボードじゃなく安全性の高い次世代のモビリティを考えたらいいと思う

20km/h以下の電動キックボードが無免許で乗れるようになるなら、当然ながら自転車も20km/hまでならフルアシストで乗れるようになるということかと。電動キックボードより自転車の方がはるかに安全性高いし、荷物だって運べますから(電動キックボード荷物持ったら安定性悪化)。おそらくフルアシスト自転車が気軽に乗れるようになれば、そちらを選ぶ人も多いんじゃなかろうか。

現在はグレーゾーン。5万5800円

幼児を乗せているアシスト付き自転車などは、フルアシストにした方がずっと安全だと思う(運転に不慣れな人のためペダル併用の機能を持たせておけばよい)。となるとやがてペダル不要に。速度は20km/h上限で全く問題ない。海外のモペットのような存在になります。今や電動化時代。どんなおしゃれなデザインのモペットが出てくるか大いに楽しみ。もちろんシェアモペットなども面白い。

こんなタイプのモペットなど面白い

リン酸鉄リチウム電池なら充放電可能回数4000回。毎日乗って11年。まぁ普通に使うと20年くらい使えそう。となれば車体の堅牢さが重要になってくる。すぐ錆が出てゴミになっちゃうようなモペットじゃダメ。少しばかり高価になってもいいからバイクのような耐久性を持たせた製品のニーズ出てくると思う。シェアサイクルならぬシェアモペットなど面白いんじゃなかろうか。

パワーユニットはモーター。ペダル不要という条件だと今まで全く違うデザインのモビリティを作れると思う。電動キックボードは危険な乗り物ながら、安全性を確保できるモビリティなど開発し、保険システムと取り締まりシステムをキッチリ構築すれば環境とお財布にやさしい移動手段になるような気がする、ということを”有識者”と呼ばれる皆さん提案して欲しいです。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ