電気自動車、サクラを除き台数伸び悩むかもしれない。リース&サブスクの料金次第か?

電気自動車を売るのはなかなか難しいかな、と思う。5~7年後のリセールバリューが予想出来ないからだ。以前も書いた通り電気自動車に乗るならリースかサブスクを推奨する。5~7年後には一段と進化した電気自動車が出ると思われるためです。当然ながらリセールバリューの予想など出来ない。リースやサブスクならクルマを返せば終了のため気楽。

ということで気になるのが料金。400万円級のハイブリッド車のリースやサブスクの月払い金額を見ると、ハリアーハイブリッドやノアのハイブリッドで6万円程度。5年後の残価を100万円少々で計算している。個人的にはもう少し高く手放せると思っているため、リースやサブスクじゃなく購入がいいと考えます。購入したら月あたりの費用は5万円を切るだろう。

bZ4Xやソルテラ、ARIYAは540万円スタートというイメージ。国からの補助金が85万円なので実質455万円。アイオニック5ならもう少し安く、ボルボC40リチャージだともう少し高い。450万円のハイブリッド車であれば月あたり7万円前後の支払いになると思う。果たしていくらくらいの月払い金額になるだろうか? おそらくメーカーによって考え方が大きく違うと予想します。

電気自動車の場合、5年後の残価設定なんて予想出来ない。だから安く見積もると、毎月の支払金額が多くなってしまう。売りたいのならハイブリッド車並にしておけば、ランニングコスト(電気代はガソリン代より安価)まで考えると7万円ならリーズナブルかもしれません。逆に8万円掛かるようなら電気自動車に乗ろうと言う人は限られてしまうことだろう。

ここでアイオニック5が割安感のある価格設定にしてきたら、瓢箪から駒。けっこうな台数出ちゃうかもしれない。クルマの評価はドイツでもダントツですから。軽自動車のサクラ(三菱自動車版も含む)は価格次第で最初から芯を喰った販売台数になると思う。未だ発表されていない東京都の補助金も加わると普通の軽自動車に乗っている場合じゃ無いくらいお買い得です。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ