7月19日から首都高は1000円上乗せに

オリンピックは首都圏についちゃ無観客となったため、広域での交通規制など不要だと思う。台場周辺だけ交通量を絞る措置だけ行えばいい。しかも緊急事態制限になると全体的な交通量だって減る。なのに! 7月19日~8月9日。8月24日~9月5日の6時~22時まで首都高の通行料金が1000円上乗せです。300円区間だと1300円。1320円区間なら2320円になるということ。

「その時間帯は走るな」という罰則的な料金体系なんだから酷いと思う。前述の通り無観客になったため、人の移動は通常と変わらず。なのに値上げは取り下げない。新型コロナ禍の対応で我が国の政府はほとんど無能だと判明したが、愚策を取り下げる知恵すら持っていない。100o円値上げ中、首都高ガラガラ。一般道激しい渋滞になることは容易に想像出来ることだろう。

それにしても壮大なムダ使いをしましたね~。巨費を投じて作ったオリンピック競技場は用なし。こんなことなら新型コロナのワクチンを首都圏や蔓延地域に集中投入しておけばよかった。現時点で3500万人が接種している。感染の多い地域を”ほぼ”全てカバー出来たと思う。東京と大阪の感染者数さえ抑えられたら、インド株の蔓延だって最小限に抑えられたろう。

ちなみに今後さらに酷くなっていくと考えます。東京の感染者数はオリンピック開幕あたりになると軽く1000人オーバ-。選手村では新型コロナ感染が広まる。そして国民はもはや辛抱出来ず「エエじゃないか」状態になっていくかもしれない。国の言うことなんか聞いてられないでしょ。今後どうなっていくか? 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ