ハイエース、次戦『モントレー』(群馬)に向け万全を期す!

ハイエースの全日本ラリー参戦は、予想をはるかに超える反響があった。デビュー戦となった全日本ラリー唐津の2分少々の走行動画は、全くアピールしていないのに再生回数15万回超という状況。ネガティブな評価も多いかと思っていたのに嬉しい限りだ。一方で車の仕上がりが遅れ、テスト走行すらできない状況で本番を迎えたため、実戦ではさまざまな問題が出てくることとなった。

問題の1つ目は常識外れの前後重量バランス。スポーツモデルを作る際、コーナリングや運動性などを考え前後の重量バランス50対50を目指す。しかしハイエースときたら重量物は前輪の上に集中しており(さらにロールケージも前輪の近所)、前後の重量配分といえば75対25くらい。ブレーキをかけると前輪への荷重がさらに増えてしまう。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ