ハンドリング悪い電動キックボードは自動車にとって自転車以上の脅威の存在になっていく

何を隠そう私は電動キックボード評論家だったりする。自分でもセグウェイの『ナインボットES2』を持っているし、アメリカやヨーロッパ、シンガポールなどで街中を走り回ったこともあります。電動キックボードの便利さや、楽しさ、危険性、問題点など相当詳しいつもり。ということを前提に昨今の我が国における電動キックボード事情を見て、激しい危機感など味わっている。

このままだと電動キックボードの事故が急増すると断言しておく。まず電動キックボードの操縦性について紹介してみたい。車体構造を見ればわかるとおり、極めて車輪が小さい。車輪は小さいほど安定性低くなっていく。ジャイロ効果不足による安定性の低さだけでなく、路面の凹凸を通過する際のワンダリングも強烈に大きい。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ