豊田章男さん、今まで電気自動車はあまりお好みぢゃなかったような~

トヨタの電気自動車祭り、内容は既報通り。細かい部分で興味深かった点を紹介してみたい。まず最大の「あらま!」が豊田章男社長の電気自動車に対する熱意。章男社長、今回の発表会まで、どちらかというと電気自動車反対派だと思われていた。何度か「電気自動車にすれば環境問題が解決するワケではない」というコメントなど出している。

このクルマ、とっても興味あります

水素エンジンでレース活動するのも電気自動車推進派に対するアンチテーゼだと思われていた次第。このあたりの機微を発表会の質疑時間に同業者の山本シンヤさんが「豊田社長の電気自動車に対する熱意はどうなんですか?」と聞いた。ちなみに章男社長の電気自動車感、正確に表現すると「嫌い」と言うより「あまり感心を持っていない」に近い。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ