ワゴンRハイブリッド(なんちゃって)

夏休み明けの8月25日にワゴンRのハイブリッドが発売される。JC08燃費はすでに判明しており32,4km/Lになる。現行モデルで30km/Lだからして10%の向上。ハイブリッド車として考えればタイしたことない。当然の如くハイブリッドシステムは簡易型です。

簡単に紹介しよう。これまでもワゴンRは『エネチャージ』なる、オルタネータと小容量の東芝のSCiB電池を組み合わせた超簡易型電力回生システムを採用している。ワゴンRハイブリッドを見ると、オルタネータとSCiB電池の容量をそれぞれ増加。そしてオルタネータをモーターとして使う。

何のことは無い。日産セレナのなんちゃってハイブリッドと全く同じコンセプトだ。わずかな補助しか行えないものの、軽自動車なら体感できる? 現時点でエンジン再始動をオルタネータで行うかどうかの情報は無いけれど、もし可能になっていれば圧倒的に滑らかなハズ。

気になる価格だけれど、今や大量生産しているエネチャージのシステムを大容量化するだけのため(電圧も12Vのままかと)、その気になればプラス5万円くらいで販売出来ると予想します。5万円なら5万km走るくらいで投資コストを回収出来るかもしれない。10万円なら意味無し。

ライバルメーカーもハイブリッドを導入するかとなれば「可能性あり」としておく。ダイハツとNMKVはゼロスタートなので難しいかもしれないが、もしかしたらホンダはN BOX導入の時に断念したシステムを使う? 当時「15%くらい燃費を改善出来ます」と言ってましたから。

やっと追いついたデイズ/eKワゴンだったが、また引き離された。スズキはベーシックな軽自動車で燃費1位(アルトECO)。ハイトワゴンで1位(ワゴンRハイブリッド)。背高ワゴンも1位(スペーシア。きっとハイブリッドも追加される)。ライバルにとっちゃ手強い数字だと思う。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ