ホンダジェット、11人乗れ、より高く速く遠くまで飛べる『2600』を開発中!

ホンダジェットが『ホンダジェット2600』という一回り大きい機体のモックアップをラスベガスにて開催されている世界最大のビジネス航空機ショーNBAA(ナショナル ビジネス アビエーション アソシエーション)で発表した。簡単に言えばホンダジェットだと操縦士含め8人乗って2661km飛ぶが、2600は最大11人乗り。5人までのペイロードなら4862km飛べるという。

最高巡航速度も782kmから834kmに上がり、最大運用高度は13106mから14326mまで上がれる。わかりやすく説明すると、アメリカだったら西海岸から東海岸までノンストップ&B737と同じくらいの速度を出せ、エアラインより気流が安定した高高度を飛べるということになります。このカテゴリーで最も売れているセスナ・サイテーションXLS(下の写真)より高い性能を持つ。

サイテーションXLSの上となると高性能なガルフストリームになってしまうが、それより圧倒的にリーズナブルな価格になるようだ。もう出す前から大ヒットの予感しかない! ちなみに機内の写真を見るとキャビンの幅は1520mmでホンダジェットと同じ。2.3mほどストレッチしたと思えばいいだろう。長距離フライトの時はシートをベッドのように倒して使えるようになってます。

胴体のストレッチは比較的容易。エアライン用の機体でも普通に行われる。主翼の基本設計は同じでいいため、ホンダジェットよりはるかに短い時間と少ない開発コストで済むと思う。ただ問題なのが詳細を発表してないエンジン。同じサイズのエンジンで出力アップできるとは思いにくい。これまた基本設計を流用しながら新開発するのだろうか? もちろん購入するという選択もある。

最も残念なのが「きっと乗る機会ないでしょうね~」ということ。ホンダジェットですら乗る機会無し。アメリカやハワイで短距離便に使われると言われており乗りに行こうと思っているのだけれど実現出来ていない。人生そこまで成功しませんでした。ただヒコウキは夢や希望。ホンダジェット2600が成功したら次は9人乗って西海岸から東海岸まで飛べるようなホンダジェット3000ですね!

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ