化石燃料高騰中。だから私はハッキリと脱化石燃料を推進したいです

原油や天然ガスが高騰している。どうやら世界規模で新型コロナ渦は収束に向かっているらしく、経済活動も復活し始めたようだ。こうなるとエネルギーの供給が追いつかなくなり、品不足になる。需給バランス悪くなると、当然の如く相場って上がっていく。もう一つ。産油国からすれば、こういうときこそ儲けるチャンス! 20年したら石油売れなくなりますから。

カーボンニュートラル問題、産油国vs消費国の戦いでもある。消費国である我が国は、原油や天然ガスを安定的に調達するため、産油国のゴキゲンをとり続けなくちゃならない。欧州だってイギリスとノルウェイを除けば消費国。政局が安定していない中東諸国+気むずかしいサウジアラビアと付き合っていくのは出来れば終わりにしたいところだろう。

カーボンニュートラルが実現出来たら、少なくとも産油国は新興国相手に少量の原油を販売して生き延びるしか無くなる。いや、カーボンニュートラルを実現した国に輸出しようとすれば、化石燃料を使わずモノ作りしなければならない。必然的に原油消費量減って行く。産油国のジャイアンぶりに煮え湯を飲まされてきた国からすればスッキリす!

ガソリン価格がジワジワ上がっている。先物相場を見るともう少し上がりそう。現在レギュラー160円だとすれば最悪で170円くらいまでいくだろう。ただそれ以上は高くならない。原油、供給量十分ありますから。我が国は官民合わせ220日分以上の原油備蓄を持っている。なのに原油相場上がればすぐガソリン値上げ。下がるのはニュースにならないため、ガソリン値下げしない。

日本ではクルマ=贅沢品という考え方をしている。ガソリンなんか値上げしても買うと思われているのだった。その通りですけど。こんな時、電気自動車に乗っていると全く気にならない。電気料金なかなか値上げしないし、値上げしてもタイした金額じゃ無いです。ガソリン価格に一喜一憂する人で複数所有なら、1台は電気自動車にしておくのも悪くない。リーフの中古車ならお手軽だ。 

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ