最後の純エンジン車をそろそろ買っておきたい!

年齢的にも環境問題的にも、エンジンだけで走る最後の1台を選ばなくちゃならないタイミングになってきた。インバーターに代表される専用設計の電子部品を使うクルマであり、かつ生産台数少ないクルマは壊れたら乗れなくなってしまう。したがって少なくともインバーター使っているクルマは長く乗れないと考えている。つまり10年後は価値が無くなっているワケです。

走行7千kmのEクラスクーペは128万円

さらに生産台数の少ないモデルだったら電子装備も少ない方がいい。ABSや横滑り防止装置、自動ブレーキなどは壊れてもバックレていればよろしかろう。走行不能にゃなりませんから。特殊なATに代表される「専用部品」を使ってるモデルは厳しい。オートエアコンは出来れば付いていない方がいい。壊れる高いし、修理しないと夏場暑くて乗れず、冬場寒くてこごえますから。

オリジナルミニ。走行3千km

日本車は比較的安心だと思う。壊れにくいし、壊れても案外修理可能。ただしインバーターモノはやっぱり怖いですね。NSXなんか部品無くなったら動かせなくなるだろう。一方、GT-Rとかはインバーターに代表されるヤヤこしい部品が無く、心配になるツインクラッチATも保有母数も多いためなんとかなりそうな気がする。GT-Rがマニュアルだったらステキでしたね!

もちろん手頃な価格のクルマだって楽しい。ニュービートルあたりだとけっこう手頃。ミッションもDSGじゃなく4速トルコンだし。メルセデスなども走行距離少なくて200万円以下で買えるクルマが多い。上でリンクしたEクラスクーペなど満足感高いと思う。旧世代に属すエンジンだったら信頼性や耐久性も高いから心配無し。ただ新しい世代のメルセデスは少しばかり不安だ。

VWゴルフコンバーチブル。これも199万9千円

ということで中古車を見ていると欲しいクルマがたくさん出てきてしまう。特に夜更けに見ていると気分盛り上がって欲しくなっちゃいそう。自分の寿命も長くないし、すでに新車じゃ電動化車両以外、減りつつあります。純エンジン車を買うのならそろそろかも。ただ今は新型コロナのプチバブルで中古車相場が10~20%上がっている。1年くらい待つのも手か?

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ