現在15年間の保有サイクルを10年にすれば300万台の市場が増え、環境問題にも好影響?

自工会が今までとまったくレベルの違う存在感を見せている。自工会といえば2年に1度の東京モーターショーを主催する団体という程度のイメージながら、2018年に豊田章男さんが会長になってから、突如たくさんの情報発信をするようになった。正確に書くと豊田章男さんは2012年からの2年間も自工会会長だったものの、当時はリーマンショック対応が精一杯だったように思う。

ちなみに自工会会長の任期は2年。本来なら豊田章男さんも2020年まで。けれど自工会の参加企業の強い要望で1期延長し、2022年までとなった。さらに自動車産業はカーボンニュートラルに代表される未曾有の変革期を迎え、オールジャパンで対応しなければならないということから、最ベテランとなった豊田章男さんが3期目を担当することになった。ちなみに自工会会長、ボランティアです。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ