ガソリン価格、もうデタラメになってきた。元売りに対する不信感がドンドン増す

月曜日、関越道の上里SAに行くと、下り車線側のSAはレギュラー188円。上り車線側のSAが185円。高速道路のガソリン価格は地域協定だと思っていたけれど、もう好き勝手にしていいということになっている? ちなみに188円で37.6円の補助金が出てるため、補助金なければリッター226円ということ。ウチ、消費税分の22.6円とガソリン諸税53.8円を引くと液体は149.6円だ。

先物相場を見ると現在85円程度。差額が大きすぎないか? どこかが搾取しているということなんだろうけれど、大手メディアは石油元売りに遠慮して全く報じない。NHKなら、とも思うけれど、これまた経産省(NHKのスポンサーである政府)が関わっているため、全く報じない。私ら弱小メディアは情報全く掴めず「おかしい」と紹介するしかないのだった。

総合して考えれば、おそらく補助金が無くても200円には絶対ならない。そして200円に近づくと、絶対的な石油消費量を落とそうという動きが必ず出てくる。消費者は抜本的な対策を行おうとするワケです。そうなると困る業種が出てくるということなんだと思う。国と利害関係の無い業種は簡単に見捨てるけれど、国策会社は徹底的に守るということなんでしょう。

自衛策は二つ。ガソリンを買う量を少なくすることと、PHVを含む電気自動車に乗り換えること。前者はハイブリッドやディーゼルに乗り換えればいい。未だ普通のエンジン車が街中に多いように思う。リッター10kmのクルマで年間1万5千km走った時の燃料代は、25万5千円。リッター20km走るハイブリッド車だと13万円弱浮く。3~4年もすれば「ハイブリッド代」が出てしまう。

PHVや電気自動車も気持ち良い。高くなったとはいえ電気料金はガソリン程じゃないし、そもそも公平。誰かに搾取されているワケでもない。家庭で太陽光発電を行えば、自給自足も可能。多くの人がガソリン離れすれば、少しは石油元売りも考えるだろう。そんなタイミングで私は純ガソリン車を買おうと思っている(笑)。そこをカッコ良く表現すると「文明と文化の違い」です。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ