テスラ・タイプ3、あっという間に30万台を受注!

日本ではあまり報じられないものの、テスラ・モデル3に30万台近いバックオーダーが入ったという。申込金1000ドルということなので、あっと言う間に3億ドル(約340億円)の売り上げである。しかも30万台作るとなれば、フル生産状態として1年半掛かる計算。まぁ順調にゃいかないだろうから、2年待ちといったイメージか。なぜこんな売れるのか?

日産リーフやGMボルトなど3万ドル程度のEVを見ると、大いに伸び悩んでしまっている。モデル3だけ大売れなのだった。やはりガソリンエンジンの代替になる300km以上の航続距離を持ちながら、3万5千ドル(実際はオプションなど加えると4万2千ドルくらいになるそうな)とリーズナブルなことだと思う。リーフと違いデザインだって素晴らしい。

リーフやボルトを買うならモデル3にする、と言う人は少なくないだろう。私自身、リーフ300万円でモデル3が350万円なら迷わない。航続距離の差を考えれば、モデル3の方が圧倒的にお買い得だからだ。気になるのはクルマとしての品質。果たしていかに? もし耐久性など含め、全く問題なければ、テスラの経営も安定することだろう。

アメリカのメディアはモデル3祭りになっている。どこも大きく取り上げ、ユーザーの感心だって高い。前述の通り日本だけ冷えている感じ。ちなみにモデル3のスペックは航続距離と加速性能を除き未公表。装備内容やオプションリスト、自動運転の有無なども解っていない。もし上級モデルと同じく自動運転まで可能なら、とっても割安だと思う。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ