森野さんの事故、無謀運転の可能性は低いと思う

森野さんの事故、TVなど一般メディアが続々と報じ始めた。現時点で解っている状況を客観的にお伝えしたいと思います。車両は997型の911GT3。したがってポルシェ・ジャパンの広報車ではありません。ポルシェを専門に扱っている雑誌の取材だったとのこと。場所はターンパイクの通称「金魚コーナー」の一つ上の駐車場近辺。下にストリートビューをリンクしておきます。

このコーナーを曲がりきれなかったようです

上から走ってきて駐車場横の左コーナーを曲がりきれず、右側のガードレールを倒し桜の木に当たったそうです。どういった当たり方をしたのか解りませんが、正面や後方なら、かなり強い入力であっても耐えられたのではないでしょうか。TV局は12日から続々現場に入って取材を行っているため、おそらく「何でそんな速度を出していたのか」が問題になると思います。

実際、制限速度の50km/hであれば全く問題なく通過出来るし、コースを貸し切りにした時に試すと100km/hでも通過可能です。したがってそれ以上の速度が出ていたことは間違いないと思います。ただこのコーナーで思い切り攻める人がいるかと聞かれれば、明確に「いいえ」。森野さんくらいの経験ある人なら、ここで無理する意味がありません。

下りのブラインドコーナーだし、右側の駐車場に入ろうとするマナー違反のクルマがたまにいるからです。私らターンパイクなど何百回も走っていますから、注意すべき場所は解ってます。この場所での事故と聞き、原因が分からなくなりました。当然ながら車両側のトラブルも考えるべきでしょう。ブレーキが問題なら、踏んだ時点でバランス崩すと思います。

正面が駐車場です

その場合、ブレーキ踏むポイントは駐車場の手前なので、トラブル出ていたら駐車場の横あたりのガードレールに当たるでしょう。今回はもっと奥。となればブレーキでなく、アクセルが戻らなくなった可能性など考えるべきだと思います。ちなみに997のGT3は電子スロットル。クルマ側のトラブルについては聞いたこと無し。だからこそ不思議でならない。

繰り返しますが森野さんは無謀な人じゃなく、この場所でミスを犯すことなど考えにくい。それだけは理解して頂きたいです。とはいえ「制限速度は50km/hでしょう」と言われれば、返す言葉無し。このあたりはギョウカイの意識から変えていかなければならないと思う。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ