やっぱり安全ボディに乗りたい!

IIHSのスモールオーバーラップの結果が次々とアップされていく。最も意外だったの、ホンダ・フィット。ホンダは最も早い段階でスモールオーバラップ対応を始め、シビックなど異例のタイミングでマイナーチェンジし、見事『G』評価を取ってきた。しかし。新型フィット見て「う~ん」。

新型フィットの動画

ボディ変形が大きい。ダミーの顔面に色を塗ってあり、エアバッグのドコで受け止めたのか解るようになっているが、フィットを見るとギリギリ。Aピラーの変形も目立つ。当然ながら評価は『A』。ちなみに『P』評価のアクアは、完全に妙なトコロにアタマが激突している。無事とはとうてい思えぬ。

アクアの動画

もちろん日本で売っているフィットと、アメリカで売ってるフィットは別モノだ。現行フィットがデビューする前に安全を担当している役員に聞いたら「日本は対応しません」と明言してましたから。ということで「フィットが安全でアクアは危ない」と書く気も無い。実力についちゃ不明です。

ミラージュの動画

けっこう激しく割り切ったのは三菱自動車。ミラージュのスモールオーバーラップを見たら、オフセット衝突に対応していない頃の日本車のオフセット衝突の如し。完全にボディ骨格まで座屈してしまっており、生存空間厳しい。誰だって動画を見たら「まづいっす」と感じることだろう。

インプレッサの動画

興味深いのがインプレッサ。一車格上のボディながら、割と簡単な構造変更で『G』を取っている。日本仕様のボディは未対応のため『A』相当なんだと思う。このクルマを見ると、基本構造である程度の安全性を確保しておくことの大切さを感じます。といった点じゃボルボに近い。

クルマの安全性に対する考え方は様々。ただ迷ったなら、優れた安全性を持つクルマに乗っておく方が懸命だと思う。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ