ウェイクは倒れるのか? 結論

超背高ミニバンであるウェイクは転倒しないか、という懸念について11月12日のTOPで書いた。その後、ベストカーで検証するなど、情報集積してみたので情報を。結論から書くと「普通に走っている限り、急ハンドル切ってもコーナー攻めても転倒することは無い」。もっと言えば、ハンドル握っていて「怖いな」と感じることすらありません。

なぜか? さらに背が高い軽自動車の1BOXカーと同じく、横方向のGを出さないセッティングになっているからだ。具体的に言えば、レース用の車両と同じく、バネ堅め、減衰力高め、スタビライザー強くしてロールを抑えているのだった。そしてタイヤで絶対的なグリップ力をコントロール。その上で横滑りしないようVSCで徹底的に真っ直ぐ走らせる。

だから同業の皆さんの「安定感がある」と評価しているんだと思う。しかし! 徹底的に乗り心地がカタい! ビルシュタインのダンパー付けたコペン・ローブSのカタさにもタマげたが、ウェイクいい勝負! 初期型のオデッセイ・アブソルートと並び、とうていファミリーカーと思えない。というか、このくらいカタイい乗り心地にしないと安定性を確保できない。

また、ステアリングを使っての危険回避能力は期待しないこと。試してみたら、徹底的にアンダーです。横Gを出しちゃったら転倒する可能性出てくるからだ。このあたり、飛ばさなければあまり問題にならないかもしれません。むしろ事故に遭いそうになった場合、皆さん「ハンドルでなんか避けられない」と認識していることだろう。乗り心地の悪ささえ我慢できれば、普通に走れる。

ただ注意して頂きたいことが三つあります。一つは足回りの変更。乗り心地を改善しようと考え、良質のダンパー+柔らかいスプリング使うと横Gが出てしまい不安定になる。そんなセッティングで高い性能持つタイヤでも履かせようものなら、容易に転倒することだろう。ルーフの上に荷物を積むことも禁じ手と考えて頂きたい。必ずノーマルで乗って欲しい。

とはいえ様々な要因が重なった時に不利な状況になるのは間違いない。軽自動車の車高競争は好ましいことではないと考える。クルマ通の皆さんには、ワゴンRやムーヴまで。いろんな性能を犠牲にしていいなら、N BOXやスペーシア、タントまでで選ぶことを推奨しておきたい。また、転倒に効果的なのはシートベルト。リア席の着装も忘れずに。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ