ヘッドライト盗難増加

ニュースZEROでイカリングについてコメントしたら、見た人からイカリングヒョウロンカと言われてしまった。しくしく。この件、少しマジメに。現在、クルマの部品盗難の大半を占めるのがヘッドライトである。なぜか? 簡単に外せる部品で最も高く売れるからに他ならない。

こう書くと「純正ナビやホイールでしょ」と思うだろう。しかし今や純正ナビは一旦取り外すとセキュリティが掛かり、転用出来ない。したがって商品価値無し。ホイールも今や安価。大きなブツで持ち運びが大変である。取り外すのに時間掛かり、作業中は明らかに怪しい感じ。

ヘッドライトなら簡単だ。例えばプリウスのヘッドライト。私が車上荒らしに遭った時に判明したのだけれど、ドアロック外すのに30秒くらい。トヨタはコストダウンのためアラームを標準装備していないから、窃盗グループからすれば最高のカモである。ボンネット開けたらヘッドライトの取り外しは容易。

さて。プリウスの標準はハロゲンである。ドレスアップ好きならHIDやLEDにしたいところ。BMWが流行らせたイカリング付きにしてもいい。ハロゲンにイカリングを付けると、色と言う点でイマイチ。白く光るイカリングに、ハロゲンの黄色っぽい光じゃカッコ悪い。

そこでHIDやLEDにイカリングを付けるのだけれど、買ったら10万円以上します。盗めばタダ。相変わらず警察は期待出来ないため、自分で守るしか無い。ということで純正のHIDやLEDヘッドライト付きに乗っているなら盗難防止アラームを取り付けることをすすめておく。

最近は1万円くらいから誤作動が少ないアラームを買えるようになった。キー以外でロックを開けられたり、窓を割られたりしたら鳴るタイプなら、盗む方もやりづらい。私もアラーム付いてたら車上荒らしにヤラれなかったのに、と強く思う。近々バイヤーズガイドなど。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ