COTY候補の10車

COTYの10ベストカーが決まった。以下、リストの順に紹介したい。

・クラウン
・フィット
・アテンザ
・アウトランダーPHEV
・XVハイブリッド
・ゴルフ
・Sクラス
・ペースマン
・パンダ
・V40


当といえば順当である。ちなみに私はXVハイブリッドとパンダを選ばす、アコードHVとフォレスターを選びました。やはりアコードHVの技術力って素晴らしいし、フォレスターも良く出来たクルマである。ペースマンは相当迷ったけれど、2つのフロアで多くのラインアップを構築するというコンセプトを評価した。

COTYは同業者の皆さんの評価を見ているとフィットかゴルフになると予想しておく。本来なら圧倒的に有利なハズの国産車ながら、ゴルフだってヨーロッパの雄である。ただ強いホームタウンディシジョンがある上、初代、2代目とCOTYを連覇しているフィットが取れないようだとホンダに
とって厳しい。

当然ながら現時点でフィット優勢ながら、今回の投票活動は読みにくい。特に「フィットでカタいだろう」と思っている人が多
ければ、案外「輸入車もキチンと評価しておかなくちゃ日本も国際的な評価を受けられない」みたいな流れになる。かくいう私だって「一度くらい輸入車にCOTYを」という気持ちがあります。

残念なのはアウトランダーPHEVだ。日本EVクラブの日本一周の旅の伴走車がアウトランダー
PEHVなのだけれど素晴らしく燃費良い! ハイブリッドモードで15km/L走ってしまう(高速道路と一般道半々という佐世保〜佐賀間の燃費は18,2km/Lでした)。あんな大きいSUVとしちゃ望外に良い。

アウトランダーPHEVにボルボV40程度の自律自動ブレーキとアダ
プティブクルコンが付いていれば、次のクルマにいいね、と思ったほど。Sクラスはこの週末にジックリ乗って評価を決めたい。ということで私が点を入れるの、フィットとアウトランダーPHEV、ゴルフ、Sクラス、V40になるかと。

開票は11月23日。モーターショー会場です。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ