デミオの4WDを試す(1月23日)

再び鹿児島から指宿までの試乗。やはり長い距離を走ると多岐にわたる評価が出来る。今日は広報車として追加されたばかりの4WDディーゼルに乗れました。下の写真の通りFFより車高ちょっと高い。クルマの仕上がりとしちゃベストでありました。これならタイヤ交換もネオチューンもしなくて満足出来る。ベストカーの取材なので2月10日売り号で。

1223

途中、桜島ダイコンがおいてあったので持たせてもらった。カブみたいなカッコをしてる。驚くほど重い! 一つ10kg近いそうな! 加えて持つブブンの形状悪く、握力必要です。ダイコン踊りでもしてみようかと思いきや、てんで無理。一つ3千円くらいするそうな。なんで鹿児島でしか作られないのか不思議だ。聞けば、どこでも作れるとのこと。

1222

良い筋トレになる

昨晩は本郷君と「焼酎道場」で厳しい修行をしてしまった。いろんな焼酎があるので、味比べをしなくちゃダメだと師範に命じられる。おっすおっすと言うこと聞いているウチ、アルコールにやられて味も分からず。こいつは10升瓶で、25kgくらいあります。今回は筋トレばっかりやってる。部屋でアルコール呼気計ったら0,5ミリグラムでした。酩酊。

1221

まぁまぁ御一献!

ちなみに「酔い」を示す日本語はいくつかの段階がある。『ほろ酔い』は気持ちよい酔い方。続いて『酩酊』。さらに『泥酔』とになります。この先は昏睡状態 になり危険。酩酊はアルコール呼気濃度0,5ミリグラムより低いと「酩酊初期」。高ければ「酩酊局期」と呼ばれる。境目は「千鳥足になるかどうか」です。 千鳥足になったら、10時間は抜けない。

飲んだ日は翌朝がアブナイ。幸い、23時くらいに沈没したため、出発前に計ったらゼロになってました。これ、2時くらいまで飲んじゃったら間違いなくアウツ。読者諸兄も、こういうケースのためアルコールチェッカーを持っていた方がいいと思う。『タニタ』の携帯用なら3千円くらいで買える。検出限界以下になったことを必ず確認し、運転してください。

1234

宮崎空港

帰りもANAのB787-8。北に向かって離陸して右ターン、霧島の南側を飛び、宮崎上空から偏西風に乗ってグングン加速。対地速度1100km/hで東へ。すぐに足摺岬。桂浜を遠くに望み、室戸岬。さらに紀伊半島は串本上空を飛び、三宅島のあたりから高度下げ、房総半島の勝浦、木更津上空通ってフライトタイム1時間20分。早い!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ