パンダがやってきた(1月17日)

早起きして原稿書き。1月26日売り号の締め切りでございます。夕方、家族が増えたこともあり家で乗るクルマを年末に契約。パンダ4×4でございます。2気筒エンジンの6速マニュアル。フィアットで唯一自動ブレーキが付く(レーザー式の簡易型)。買うならマニアックなクルマです。パンダのサイズであれば、皆マニュアル車でも気にならないという。

1171

アルトRSもチラッと考えたものの、マニュアル車が存在しないと聞いてすっぱり断念。先日もアルトのAMTに乗り、やっぱり厳しいですね、と思った次第。原稿書きの気晴らしに近所を走り回ってみたが、素直に楽しい。ちなみにミニONEとルーテシアZENと最後まで迷ったものの、地球温暖化(ぷっ!)で雪増えると予想し4WDを選びました。

そういえば2014年は二酸化炭素の排出量増大により過去最高の平均気温に達した、と盛んにニュースで伝えている。面白いデータを。東京の1年間の平均気温は1876年で13,6度だった。昨年何度だったと思うだろう? 16,6度です。ちなみにこの間の世界平均気温の上昇を調べてみたら、およそ0,8度。日本だけ3度も上がった!

ここまで読んで、1876年と2014年が特殊な年だったんじゃないか、と思うことだろう。調べてみたら第2次世界大戦が終わった1945年まで、平均気温13度台というのは珍しくなかった。そして2004年には17,3度! 60年でイッキに3~4度も上がったことになる。この間、世界平均だと0,5度くらいしか上昇していない。これ見てどう思うか?

世界中の都市部の年間平均気温が東京と同じ傾向を示しているのだった。そう。ヒートアイランド現象です。地球温暖化を正当化するなら、都市部を抜いた年間平均気温などの情報も同時に出して欲しい。限られた情報から与えられた内容だけ鵜呑みにして報道するの、いかがなものかと思います。もちろん二酸化炭素排出量削減は賛成です。

1172

CBX1000のブレーキOHが終わった。エンジン掛けたら快調でございますね! やっぱ6気筒は独特な回り方だ。後はマフラーを交換すれば車検取れる状態。と思ってバッテリーのチェックをしたら、電圧9Vくらいしかない。セルの一つが壊れてる。ということで新品バッテリーをオーダー。車検終わったらミライのために手放します。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ