靖国参拝

小田原で行われているポルシェのフルラインナップ試乗会へ。今やポルシェの稼ぎ頭になっているカイエンとパナメーラを改めて試す。おそらくベンツにとってのCLSやCLAのようなポジションなんだろう。新しい市場や、新しい顧客層を引き込んでいるワケ。日本の自動車メーカーも、こういった「変化」が必要。

12261_001

7シリーズやA8のライバルとなるパナメーラ

ただ私のような古いタイプのクルマ好きからすれば、ベンツってSクラスやSLであり、ポルシェも911とかボクスターだと思う。今回も”素”のケイマン(オプション無しのベースグレード)のマニュアルに乗ったら「いいね!」でございました。ナニも付いていない911やボクスターのマニュアルがステキだ。

12262_001

ケイマンのオプション無し

帰り道、ニュースを聞いていたら安倍さんが靖国参拝に行ったという。あらま! 中国と韓国の態度悪化は誰にだって予想出来ること。いわゆる「ケンカを買った!」というヤツです。というのも今までと状況が違う。すでに中国にも韓国にもケンカを売られているからだ。ここでガマンするか、それなりのお返しをするかビミョウ。

靖国参拝にいかなくても同じ。逆に、行ったって今以上に状況が悪化することはないだろ、という読みもあったと思う。アメリカは中に入ってナントカしようとしていた時の出来事だけにメンツを潰された。ただアメリカだって明確に尖閣の問題を解決しようとしていない。中東のような利権がないですから。

そうそう。メディアなどで「政教分離」について指摘してオノレの無知を曝す輩も居る。何度も書く通り神道は宗教じゃありません。宗教の定義は始祖/法典/禁忌があること。神道には全て無し。神道でカミサマといわれるのは祖先に代表される亡くなった方や、山や太陽や滝など。禁忌無しの宗教などあり得ないし。

とは言え、安倍さんの靖国参拝は明らかにデメリットの方が大きい。同じケンカを買うなら、もっとアタマ使うべきだ。例えばクネさんの親父さんがベトナムで行ってきたことなど、韓国の国民にキッチリ知って貰ったらいい。対中国だって尖閣をオブラートに包みながら現政権を揺さぶるのも興味深い。

そのくらいの情報は外務省だって持っているだろう。靖国参拝より、現在日本にケンカを売ってる勢力に対する対抗措置の方が良かったと考えます。一番イケないのは、中国や韓国の普通の国民を怒らせること。今回そいつをやっちゃいました。加えて安倍首相も神道を理解してないと考えます。

前述の通り神道の根底は「自分の生き方を、神様という存在から見た時に美しくする」ことにある。他人に「どうだ! 詣ってますよ!」という誇示など不要。もし詣りたいなら他の人に解らないような方法を取ったって良い。つまり安倍さんは、示威行為のためお詣りを行ったワケ。神道を利用したらアカンです。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ