新型マスタングに4気筒!

今月はダウンサイジング過給の原稿をたくさん書いた。ここにきてやっと日本でも4気筒ターボの重要性が認識されるようになってきたように思う。月末に発表されるスカイラインの2リッターターボも大いに話題を集めるんじゃなかろうか。2リッターターボなら自動車税3万9500円です。

アメリカでは新型マスタングの2,3リッター4気筒ターボ搭載モデルが登場した。ついにマスタングも4気筒であります! 現行の3,7リッターV6と同等の305馬力を発生するというから全く問題なし。3,7リッターの自動車税6万6500円に対し、2,3リッターなら4万5千円で済む。

5191t

アメリカ車のリセールバリューの悪さの大きな要因が自動車税の高さ。中古車を買う人に取っちゃ6万6500円って厳しい。もちろん実用燃費だって向上している。アメリカでの価格はフル装備で2万3千ドル(240万円)程度かと。300万円くらいで買えるならけっこう魅力的です。

本国にはマニュアルミッション仕様もある。後輪駆動だし。フォードジャパンが入れてくれなくても、どこかの並行屋さんで持ってくることだろう。こんなクルマを入れてくれたらフォードだって売れると思う。タイやインドで生産される欧州フォード車などクルマ好きの心にササらない。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ