ドライブレコーダーの重要性を改めて認識。皆さんぜひ導入を!(10日)

タイに行く直前だったこともありアップ遅れたけれど、12月3日に下の動画のような状況に出くわした。私の家の近所を車速20km/hくらいで走行中、突如右の路地からアウディが安全確認すらせず飛び出してきたのである。幸い、ブレーキ踏んでからのレスポンスが素晴らしく早いリーフだったこともあり2m手前で止まれた。動画は何度も確認出来ます。

車速20km/hであれば、1秒間に5m40cm進む。0,25秒判断が遅れ、急ブレーキの立ち上がりが緩慢なクルマならブツかっていたろう。もっと言えば人間の危険認知反応時間は健常者で0,4秒程度のバラ付きがあるし、今回も私のクルマが0,5秒先行してたら間違いなく衝突していた。もちろんケガなどないものの、クルマは壊れ相当な修理金額になる。

そしてドライブレコーダー無しだと私の側にも過失相殺が認められ、修理代全額は出ない。でもドライブレコーダーの画像があり、私の側に過失無ければ「避けられなかった」ということになり、100%相手側に賠償を要求できます。ということで良い機会だからユーチューブの動画編集画面のタイム表示を見ながらジックリと分析してみたら「避けられませんね」。

今回の場合、私の速度は問題にならないと考える。こういった道路を走るときに推奨される速度は「徐行」。徐行とは「すぐ止まれる速度」であり、今回も横道から飛び出してきた車両に対し、十分手前で停止出来ている。一方、相手側は優先道路側にたっぷり飛び出してしまった。明確に「徐行」ではない。そもそも安全確認を全くしてないし。アウツです。

アウディが見えてから停止まで1,1秒(ドライバーの目は若干右側で50cm手前なので実質1秒)。自動車事故安全センターのデータによれば、危険を認知してからブレーキ踏むまでの反射時間は最も早い40歳代で0,84秒。私は0,5秒程度で減速を開始しているから、まだモウロクしてないということか。避けられない事故ならコチラ側に責任ありません。

自動ブレーキならどうか? 現時点で最も広い画角を持つアイサイト3でも、視野に入るのは人間の0,2秒くらい後。0,3秒sで危険だと判断してブレーキを掛けないと間に合わない。未だそのレベルには達しておらず。今回のケースを自動ブレーキで回避するのは難しいと考える。ただ5年もすれば私より早いタイミングでブレーキ制御が行えるようになると信じる。

本日、レクサスとベンツとBMWとアウディとVWの試乗会が行われているものの、原稿詰まっており全く動けず。乗ってみたい車種はいくつかありました。後日、いつも走ってる道でじっくり試したいと思う。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ