キャデラックCTS、いいね!(1月6日)

午前中仕事。昼からキャデラックCTSを洗い、ベストカー編集部へ。CTSというクルマ、皆さんあまり御存知ないと思う。全長4970mm×全幅1840mmと、マジェスタくらいのボディサイズをイメージしていただければよかろう。アメリカでは価格もクラスもレクサスGSのライバル車であります。

162

意外なのがエンジン。何と! 2リッター4気筒ターボの276馬力ときた。最大トルク40,8kgmは、4リッターV8エンジンに匹敵するスペックを持つ。下の写真のように縦置きの後輪駆動である。今やアメリカもダウンサイジングターボの時代なのだった。アイドリングストップ付いてないのが残念。

161

2014年デビューの初年度モノということで完成度イマイチながら、間もなく入って来る2015年モデルで大幅に改善されているらしい。ミシミシギシギシという異音対策と、アイドルストップが加われば相当魅力的なクルマになると思う。キャデラック、徳大寺師匠も言っていた通り、やっぱし良い!

キャデラックCTSのWeb

GMジャパンで梅木君と待ち合わせし、レクサスCSに乗って横浜のテインへ行く。初めて来たのだけれど、デッカイ工場に驚く! 今年はもっと大きいヤツを中国で稼働させ、需要が急増しているリプレイス用ダンパーを作るそうな(日本の工場は車高調など高性能ダンパーを担当)。

163

最近海外出張ばかりの藤本さんが在社しているということなのでご挨拶。藤本さんはトヨタWRCチームで戦った唯一の日本人ドライバーで、95年のサファリラリー優勝。98年には激戦だったAPRCのシリーズチャンピオンになっている。ムカシ話など楽しかったっす!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ