シンガポールは自動ブレーキ禁止とな!(14日)

シンガポールは政府の監視厳しく「明るい北朝鮮」と揶揄されているそうな。例えば自動ブレーキの類いは一切認めないのだという。なんか理由あるんだと思うが不明。まぁ我が国を見ても同じか。新型インプレッサのアイサイト3は、赤信号や一時停止の標識の有無をハッキリとメーターに表示させてきた。「赤信号や一時停止箇所でブレーキかけられますよ」とアピールしてます。

なのに国交省か警察が認可しない。シンガポールの明るい北朝鮮を笑えないです。何とか講演の仕事を務め(在シンガポールのお歴々でした)、18時15分のタイ航空B777-200でバンコクへ。食事にエビを頼んだらパクチー入りでありました~。しかもよけられないほど細かく切ってある。ガマンすれば食べられないことはないけど、大嫌い。食べた後もパクチーがよみがえる。

11151

窓の外を見たらスーパームーンでございます。日の丸の色違いの如し。コンデジの手持ちで月の模様まで撮れるようになったのだから技術は進んだ。自動ブレーキの技術を活用すれば、悲惨な飛び出し事故の大半を防げることができるだろう。ちなみに新型インプレッサは後進速度抑制装置もついている。バック時のアクセル全開飛び出し事故は”ほぼ”起きない。

1時間50分のフライトで到着したバンコクはクソ暑かった~! シンガポールなんか問題にしないくらいドッシリと重い暑さである。タイ、どんな状況かと心配していたけれど、空港も市内も全くの平穏。いつも通りのバンコクである。今こそタイ人の国民性が問われるかもしれない。国王亡き後、今まで通りのタイでいられたなら日本企業だってそのままタイに居続けるだろう。

機内で晩ご飯食べたけれど夜食にクイッティオ(タイラーメン)。パクチー抜きでオーダーするのを忘れたら、シコタマ入ってました。またもや修行だと覚悟して食べる。屋台で食べるクイッティオ150円。屋台でビール飲んでも大瓶で150円。やっぱしタイ修行は上等だ。明日ラリー車を見に行き、修理代払ったり打ち合わせをしたり。キングスカップは1月20~22日に決定です。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ